2017年3月句会報告

今回は都合が悪い人が重なり、出席者は5人と少し寂しかったです。事前選句はほかに3人いたので、計8人による選句となりました。森友学園スキャンダルの世相を反映してか、この話題の句が目立ちました。投句者は19人で多かったです。「空気」49句「自由」51句でした。選句者が少なかったせいか高得点句はなくばらけましたが、前回と比べるといい句が多かったという印象です。以下と句とコメントを報告します。なお次回はスキャットセミナールームが使えないため場所を変えました。やせ蛙さんが出席しやすい「巣鴨」にしました。
*4月句会 4月25日(火)午後6時半「喫茶室ルノアール 巣鴨駅前店」、お題は「食」です。締め切りは4月18日(火)24時。なお、3月句会の全報告および投句は、こちらをご覧ください。

*句とコメント

<兼題「空気」> 49句

●3点句

この空気どこかで吸ったあゝ戦前   なずな
→漂う不安を簡潔に読んだ。

●2点句

チョクゴには空気が凍る幼稚園    中仁也
→「勅語」と「直後」にもかけていて幼稚園の恐ろしさ描いている。
→「凍る」の表現がいい。

忖度の空気に法がまぶた閉じ     笑い茸
→忖度の句は多かったが「まぶた閉じ」は面白い表現。

独裁の終わり間近という空気     フーマー
→「安倍独裁」を終わらせたい希望的観測。
→ 空気を早く実体にしたいものです。

居合わせた空気吸っても共謀罪    奥徒
→その場にいただけで共謀罪になるこわさをうまく表現。

議事堂の換気扇みな真っ黒け     笑い茸
→悪い議員が国会を汚す風景を描いた面白い句

帰還地でやっちゃいけない深呼吸   へらずぐち亭誤字脱字
→いまの福島の状況をタイムリーに詠んだ句。

●1点句

読めぬもの夫は漢字妻空気      斗周
→安倍夫妻を風刺、リズムがいい。
→川柳の定番の定型句のつくり。

「忖度」を辞書で引いたら「空気読む」 へらずぐち亭誤字脱字
→「忖度」をビビると表現する人もいたが「空気読む」の表現も面白い。

空気より水より電気可愛がる     斗周
→原発風刺、軽い感じでおもしろい。

ただならぬ空気どう読むどう読まぬ  乱鬼龍
→戦争をかぎわける必要ある時代になった。

北京の空五星紅旗も見られない    ぶちの駄馬
→昔、蛙が北京に駐在しているころ北京の空は澄みとおり、天安門広場の五星紅旗が目にしみるほど鮮やかでした。中国が資本主義経済を導入した後大気汚染が蔓延し紅旗が煤けて見えるようになりました。

証言にベンゼンヒ素の臭気あり    なずな
→豊洲問題をこういう形で表現したところがおもしろい。

次の世に空が澄むよう磨いとく    ぶちの駄馬
→次世代へつなぐ決意をさらりと。「磨く」は李白の故事「磨斧作針」を想起させる。

戦争も空気で決めた日本人      言奈地蔵
→何となく引っ張られていく日本人のイメージを表現している。

復興に作り笑いの増えた町      笑い茸

●乱鬼龍選

居合わせた空気吸っても共謀罪    奥徒
空気より水より電気可愛がる     斗周
証言にベンゼンヒ素の臭気あり    なずな

●選外

水ボトルならばいずれは空気缶
タクシーの機嫌が悪い空気圧
メディアから空気感染ゆり子ファースト
連合の幹部の空気経営者
息苦しい空気吐き出す共謀罪
気づまりの空気払えよ春の花
春の息吹ブレなく探知花粉症
空気読み忖度続く森友小
横田基地空気を裂いたオスプレイ
爆飛行空気つんざくエアフォース
意識してKYをして空気吸う
この国に生きて死ぬのも楽でなし
空気読む人が出世すよどむ国
隠ぺいの体質省に伝染し
KYの妻に足元掬われる
空気読め心の除染カルト教
あいつらは学歴だけで人決める
この国の空気忖度ばかりする
土と水空気汚したまま帰し
理事長の空気メディアをかき乱し
日本では会議のデマを信じてる
水面下出番待ってる呼吸税
放射線管理区域の空気吸い
勅語読む子らの空気に身振るえる
おやじらは女性の区別差別的
隣からマンセイの声自由の気
九条の空気を読めぬ自民党
英語にも空気を読むの熟語あり
安倍の宴空気読んでる記者ばかり
海水か空気になりたい北の民
百倍に不安広がる再調査
改憲の空気広げる無関心
ファシズムの亡霊追い出し空気替え

<自由吟> 51句

●2点句

このごろは悪い犬ほどよく吠える   中仁也
→安倍の国会答弁をみているとまさにこれだと思う。

洗脳にきょういくというルビを振る  斗周
→私立だけではない、国をあげての恐怖。
→言葉を入れ替えて「教育にせんのうというルビを振る」のほうがいいのでは。

国有地かすめて自称愛国者      一志
→類句がそろったが、これが一番川柳的。

共謀罪カケホーダイですマイナンバー 混沌
→共謀罪やり放題と電話かけ放題をかけている言葉の表現が面白い。

天皇に命ささげる良い子たち     なずな
→唱和する幼稚園児の衝撃が伝わる。

●1点句

すべての字忘れ護身は忘れない    なずな
→石原慎太郎への皮肉、リズムもいい。

家庭内野党が起こす自爆テロ     一志
→「自爆テロ」の表現が面白い。

労働法教えず遠ざけ働かせ      しゃねる
→リズムがいい。いまの労働問題のポイント押さえている。
→中八なのでリズムがいいとは言えないのではないか。

禁漁のヤマメの涙花映す       おり淳
→すごくきれいな句。被ばくでヤマメも地元の人も悲しい。

飢えさせておいて撒き餌で票にする  中仁也

安倍の名を出せば割引九割で     里見羊
→無知無能な男でも、総理と名がつけば悪事の使いばしりくらいはできるものです。

君が代を卒業式に招かない      木根川八郎
→普通は地元の名士を招待するが「招かない」という表現が皮肉。

一〇〇時間バカにするなとあの世から なずな
→過労死で死んだ人が叫ぶ。風刺マンガぽくて面白い。

原発事故幾百年の村史閉じ      白眞弓
→線量の高い赤宇木村のこと。深い告発で重みのある句。

国有地値切って恥じぬ愛国者     言奈地蔵
→類句あったが言葉の歯切れのよさでこちらをとった。

マスメディア日本会議にそっと触れ  フーマー
→マスコミがおっかなびっくり「そっと触れ」の微妙な表現がいい。

自己防衛自己弁護士の大わらわ    斗周
→稲田のことだが、防衛大臣と防衛がかけ言葉になっている。ドタバタ劇場が表現されている。

私は鶴彬には成れません       言奈地蔵
→同感!出でよ!現代の鶴彬。

●乱鬼龍選

共謀罪カケホーダイですマイナンバー 混沌
君が代を卒業式に招かない      木根川八郎
原発事故幾百年の村史閉じ      白眞弓

●選外

季語入れて一行字余りヘボ川柳
「記憶にない」永遠不滅の言い逃れ
見苦しきもの政治家の言い逃れ
原発に揺さ振りかける活断層
見せかけの鍵穴が見る病む世相
創始者の眼差し消える不況風
千葉県ののんきな知事は非常勤
金だけで殺す米軍日本軍
街という森に冒険新社員
人信じ乞食のごと立ち続く
百時間以内過労死自己責任
豊洲豊中汚染土壌は蜜の味
千葉知事選帯とたすきに無理をさせ
原発を嘘と隠しで再起動
連合に命けずれと脅かされ
森の友稲田の鷽と籠の鷺
籠池砲どこまで届く射程距離
云々をでんでんと読む安倍首相
琉球をいつまで縄で押しつける
容疑者が被害者に見えるアッキード
あれから六年心のトゲはなお尖る
外務省防衛省が売国奴
ファシズムが共謀罪とやってくる
右カーブそこにハレンチ学園が
儒教国革命学び首変える
春が来てやっと冬物買いに行く
隠ぺいは暴走始めの自衛隊
責任をとって辞めるの止めにする
核おびえ核作る国 民飢える
この人の右に出る者ない総理
記憶ない翻訳すればやってます
極道の妻もかなわぬ私人妻
五校目はアイゼン履いて受験する

以上

(報告:一志) 3月28日・スキャットセミナールーム