2017年7月句会報告

 7月27日、レイバーネット川柳班月例句会が池袋のエポック10で開かれました。
 今回は、18人の方から兼題「地」に49句、自由吟に51句が寄せられました。
 選句参加者は10人、メールでの参加4人、計14人で選句し、兼題・自由吟ともに一人3句ずつを選びました。
 安倍政権、労働法制・連合批判、沖縄、原発など時事句が多くあり、「アキバでのこんな人」「AI」読みこんだ「今」を切りとった佳句もありました。兼題に6点句もでて大いに盛り上がりました。
 句会のあと、斗周さんの問題提起を短時間ですが意見交換(別途、なずなさんが報告)しました。こういう機会はこれからも作っていきたいと思います。最近川柳班に加わった八金さんが、締め切りに間に合わなかったと作った句を持ってきて、選句に加わったあとで披露し意見交換をしました。

兼題「地」(49句)

●6点句(1句)
電車バス切って地方の人を切る     なずな
⇒政治という名の現実。北海道だけではない。「切って」「切る」が効いている。

●4点句(1句)
辛口の地酒地方紙キレがいい      笑い茸
⇒「辛口」と「キレ」のいい上手い句。地と聞いて地酒を思いつくとは、おぬしなかなかの呑み助だな。                  

●3点句(2句)
若者は地下に潜るを辞書で引く     斗周
 ⇒共謀罪の通った今、若者は多喜二の時代や地下活動を知らない。
こんな人歴史刻んだアキバの地     一志
 ⇒都議選の最終日、秋葉原をうめた安倍はやめろのシュプレヒコールが自民歴史的敗北を引き起こした。庶民をなめた権力者の本性、忘れようがない歴史の分かれ目。

●2点句(7句)
竹筒を地に挿し除染と金を盗り     笑い茸
 ⇒福島の除染に群がる詐欺のあさましさ。現代スケッチ。
牙を剥く前線基地は琉球弧       白眞弓
 ⇒美しい島が意に反しむりやり中国に牙を剥いていく。
足元を知らぬ奴ほど上にいる      中仁也
 ⇒「地」という言葉はないが「足元」で表現されている。
山崩れ稲田も沈む雨が降り       中仁也
⇒自然災害を政治状況にひっかけ、面白い
官邸の地下は平目の群棲地       斗周
 ⇒「平目」とは上ばかり見ている役人や裁判官のこと。
地滑りが首都でも起きて梅雨が明け   中仁也
 ⇒都議選
地方紙が中央の闇あばいてる      一志      
 ⇒その通り。

●1点句(13句)
右へ右へ劣化を急ぐのか地球      乱鬼龍
⇒「地球」を題材にした句としてはいちばんよいと思う。ただあまりに石原青竜刀の真似っぽい。「進化とは地球を灰にすることか  青竜刀」。真似ではない。比べればわかること。
土井たか子大地動いた甦る       おおとり
地名から歴史の顔が消えていく     木根川八郎
 ⇒消されていく歴史。
炭を掘る歌が聞こえて背を押され    おおとり
 ⇒集会やデモで「がんばろう」を聴くと、もう一踏ん張りするか、共感。
地には兵空にミサイル人に嘘      しゃねる
 ⇒「天地人」今の世界の構成は。
原発に大地警告してやまず       乱鬼龍
 ⇒震度2、震度3が日々どこかに起こっている列島。想定外をまた言うか。
愚か遺産割れる大地の原発群      奥徒
 ⇒子どもたちに遺していくもの。「割れる大地の原発群」の表現がいい。
地球儀の極地したたる温暖化      なずな
 ⇒地球の温暖化は深刻。常に忘れないよう心がけたい。
この道へカジノと基地を押しつける   おおとり
 ⇒アベの決まり文句「この道しかない」
一強の看板やっと地に落ちる      フーマー
進駐軍地位協定と名を変える      木根川八郎
 ⇒日米間平等を装っているが占領されたまま。
フィナーレは地鳴りとなってアベヤメロ なずな
あちこちと悲鳴を上げている地球    フーマー
 ⇒いろいろと目に浮かぶ。

●乱鬼龍選
辛口の地酒地方紙キレがいい      笑い茸
愚か遺産割れる大地の原発群      奥徒
こんな人歴史刻んだアキバの地     一志

●選外
地底から女の闘いはじまった
地に足がついた運動地元でおこしたい
地に墜ちた疑惑隠しの自民党
九州で天変地異が多発する
降り過ぎて地は固まらぬ異常気象
選挙には地の利金の利ネットの利
南北で震度5地震発生す
かえしてね放射線なしゆたかな地
鉄の雨降っても大地蘇生する
アベくんよ大地耕して学びなさい
チキンレース地球以外でやってくれ
復興策被災地を地の果てにする
国有地八割引きでジャパ会議
失言にウソも重ねて揺らぐ地位
沖縄を返還だとは嘘だった
同じ地でかつて反戦いまナチス
福島の大地の叫び聞け政治
ヒョウが降り石まで叫ぶ怒り声
本土たち妄想止まぬ基地負担
虹の地に移り住みたい蟻の夢
青春を耕地に埋める嫁不足
なんの罪台地ぐらぐら揺れやまず
校舎建てロンダリングのされる土地
殴りつけ我慢しろよと沖縄か
地の形決めるは我と天の声

自由吟(51句)

●5点句(1句)
丁寧に真摯に嘘を説明し        中仁也
⇒皮肉が効いている。タイムリー。古川柳の伝統。

●4点句(3句)
逃げまくり嘘つきまくり尻まくり    斗周
 ⇒まくりを三回くりかえしたところが秀逸。安倍政権の実態。語呂がいい。
楽しみはメシとビールと不支持率    一志
 ⇒「不支持率」と来て笑う。共感の句。いかにも庶民的。

AIにいっそ答弁やらせたい      奥徒
 ⇒AIという時の話題を上手く使っている。下手な答弁よりも。心はなくても、ずっと健全。

●3点句(1句)
見つかっても見つかっても知らんふり  しゃねる
⇒山頭火のパロディがぴったり。いい句。山頭火の句を思い出すね。

●2点句(4句)
我が家にも住み着いていた真弓様    やせ蛙
 ⇒豊田真由子の間違いか? それとも「投句を! 句の批評を! 」とメールで迫られることへの実感か。
逆風をメディアのせいに逆恨み     なずな
 ⇒二階自民党幹事長の見苦しいメディア脅し。仲良しメディアがアベ批判、アベは相当なワル。
問題のどの大臣も問題ない       おりじゅん
 ⇒菅官房長官。諷刺とユーモアのある面白い句。
獣医足り政治家を診る医師不足     笑い茸
⇒国会議員を皮肉っている。ペットを診る獣医師は過剰気味。

●1点句(14句)
戦前を問えば戦後もまた問われ     乱鬼龍
平等にならない雨も税金も       しゃねる
⇒自然も人為も公平にはいかないもの。
父の日に手紙を置いて寝る子ども    笑い茸
 ⇒父の日も夜遅くまで働かされている。
つらいんだあこがれの人改憲派     苗苗
 ⇒実は小池は改憲派だった。
名ばかりの労組ステージフォーになり  一志
 ⇒連合のこと。癌にたとえて重傷、切開手術をしなければ。
*連合のひどさを末期症状として「ステージフォー」という表現を使ったのですが、よく
考えるとがん患者にとっては嫌な感じをもつと思いました。作者として不適切な表現だっ
たと反省しています。(一志)

一強の駒もそろそろ詰み始め      奥徒
 ⇒時の将棋と政治の世界。
マイクが来ると黙ってしまう不満    ぶちの駄馬
 ⇒そういう不満を持っている人が大勢いると言うこと。
反保守のタネを地に播け芽吹き待て   白眞弓
 ⇒スローガンみたいだが共感した。
連れ合いを蹴って落日主助け      おおとり
一番の毒は人間どう見ても       しゃねる
 ⇒毒をばらまく人間に比べればヒアリなんて。タイムリー。
フクシマを視れば日本の明日が視え   乱鬼龍
教科書の五輪の踏み絵踏まされる    おりじゅん
 ⇒教師も辛い、シビアな句。
連合も支持は一夜で急降下       奥徒
改憲へ回し続ける五つの輪       おりじゅん
 ⇒日の丸、君が代強制広がる危険

●乱鬼龍選
教科書の五輪の踏み絵踏まされる    おりじゅん
AIにいっそ答弁やらせたい      奥徒
丁寧に真摯に嘘を説明し        中仁也

●選外
劉暁波中国にもあった共謀罪
戦時下は二度と嫌だとプライバシー
都民ファー代表おりて自分ファー
私にはコスプレがあるがんばるワ
国会に安倍晋三がいる不幸
アベ投手右へ大きく沈む球
失言を録音マイクで拾う記者
3割を切って探している代打
闇の戸を開ける庶民に罪被せ
真面目顔どあほ政治支持してる
韓国観光昔キーセン今ドラマ
日本人でよかった掲示中国人
アベノミクス卯建つ上がらぬ空鉄砲
受け皿の親は自民で友維新
ごり押しの後はていねい舌を出し
地獄の鬼絵本の中であたたかい
何よりの証拠は逃げて出てこない
卑怯者の最後の逃げ場記憶なし
コスプレの稲田の嘘は通じない
権力が恐れるものは無私無欲
いいかげんもとの美ら島かえさんか
人様の移住の世話はできません
脅威だと外交さぼるあんた達
一強のはずがアメリカ一人コケ
拉致家族そんな問題あったっけ
死に花を投げ売りしてる黄泉の国
暁の波に広がる劉の骨
財界の犬引き連れてG7

(報告:笑い茸)