2020年7月句会報告

7月のレイバーネット川柳班の句会は、今回の投句者は17人とこじんまりとしていましたが、既定の各3句まで投句した方が多かったため、投句数は兼題48句、雑吟45句になりました。先月の兼題が作りにくかったということで、今月は「旅」にしました。選句参加者は13人(メール選句5人)でした。
選句も大変勉強になりますので、なるべくご参加ください。また遠方などで、出席がご無理の方は、メールでの選句もできますので、お申し出ください。

「旅」の兼題では、今トレンディーなGo ToトラブルともいわれているGo Toトラベルなど、コロナ関連が大半を占めていました。
いつも句会の後は、軽く飲み会をしますが、いつも行っていたお店が閉店してしまったので、ベトナム料理店に行きました。こんな身近なところにも、確実にコロナの影響が出ていることを知りました。

 

◎8月の句会

◆句会:8月20日(水)午後6時から エポック10の3階 ロビー(としま産業振興プラザ3階)

◆投句締切:8月13日正午 時間厳守でお願いします。

https://labornetjp.jimdofree.com/senryu

まで(本サイトからリンクしています)。

又は、FAX:03-3530-8578(FAXの場合の締切は午前10時です

初めての方も大歓迎!沢山の投句をお待ちしております。
◆兼題は「高」。高という字を使ったもの、高いもの・ことを連想させる言葉など可。

(報告=笠原)

————————————–

旅(48句)

4点句(2)

・ちゅら海のツアーの客に見えぬ基地   笑い茸
→ 見えぬというか見せぬというか、ツアーの特徴をとらえている。

・給付金今頃どこを旅してる       蘭綺麗
→庶民のフツーの気持ち。軽く、とぼけた感じがいい。

 

3点句(2)

・貯金無し外食も無し旅も無し      いりたまご
→これが非正規の実態、大多数でしょう。切実感がある。

・ゴーツーで冥土に行けと厚労省     一志
→年寄りは早く消えて!経済が大事。田崎史郎が実際に言ってる。

 

2点句(4)

・景色よりトイレ気になるバスの旅    やんちゃん

→共感

・宿帳に岩手からとの客ばかり      J・ポンド

→岩手の第1号感染者はいつ出るやら

・どこで下車しても晴れない旅の空    笑い茸
→コロナ禍の中での気分を素直に表している

・アフリカ発人類の旅まだ続く      奥徒
→人類史は、アフリカから。その時からコロナは始まったというスケールの大きさ。

 

1点句(14)

・寅さんも旅あきらめる憂き世かな    なずな
→旅から旅の寅さんなのに、旅に出られない。

・デパ地下で駅弁求め旅気分       やんちゃん

→割引対象外になった東京都民ばかりでは、ありません

・旅立ちの終活コロナ邪魔するな     八金

・GoTo でコロナウィルス旅をする     なずな

→コロナウィルスが、旅をするという表現が新鮮。

・お国のため税金で行く怖い旅      今 明

→お国のためと税金使って、感染する?

・ヒト連れて世界を股に旅をする     今 明
→ヒトを連れての旅という発想

・冥土へと旅立つ前に大仕事       すなふきん

→高齢者よ、団結せよ!の気概がいい。

・世直しの大長征の旅遙か         乱鬼龍

→作者の気持ちが、よくわかる。長征という言葉が、ピンとくる人が少なくなった?

・幸せは語り尽くせぬ妻と旅        やんちゃん

→緊張を強いられるきょう日、いいなぁと、ほっこりする。

・平和への旅蟷螂の斧かざし        坂巻フミエ
→作者の気持ちがよくわかる。

・旅行けば一都三県おことわり       なずな

→浪曲師広沢虎造の森の石松を思い出す。「旅行けば 駿河の道に茶の香り…」。
・GO TOの前に帰らぬ旅に出る       Jポンド
→自分が死ぬことをかけている。

・ケンカ売る隣国からはツアー客      奥徒

・旅すればコロナ来るなと非難され     蘭綺麗
→実際に言われる。

 

乱鬼龍選

給付金今頃どこを旅してる       蘭綺麗

アフリカ発人類の旅まだ続く      奥徒
旅行けば一都三県おことわり      なずな

選外句

 

闇夜から夜明けを求めて旅にでる

GoToで行こうか待てよ二波三波

風任せの旅がしたいと風見鶏

飼ってない閑古鳥鳴くツーリズム

一回り大きくなった旅帰り

GOTO と自己責任のコロナ旅

グーグルで世界一周無銭旅行

もう昔旅にだしてる責任は

来て欲しいでもG o T o 怖い観光地

これコロナどうしてくれるこの旅券

また未曾有どぎまぎ辿る人生路

脱原発ポストコロナと旅険し

Go To とコロナばら撒き壊す国

長征の途上にあるか現在地

Go Toにコロナウイルス旅支度

ゴーツーで乗ってみたいなクルーズ船

仮設宿仮設のまんま旅出され

飛び込んだ旅籠原発NOとあり

旅先で東京人はお断り

旅館業者の悲鳴聞けアベノバカ

青写真今や暮色の長い旅

弥次喜多が見果てぬ夢の地蔵様

海外へ行くも帰るも地獄なり

ウイルスは宿を追われて人里へ

蟄居の身はやぶさ2に願をかけ

前澤氏宇宙旅行で世を俯瞰

 

雑詠(45句)

5点句(1)

・政治屋の接触アプリまず欲しい     今 明
→発想としては常識的だが、句としてのまとまりはいい。
→「会ってない」としらを切る人が多いので。
→.接触アプリという時代性と政治屋の組み合わせがいい

 

4点句(2)

・手配犯マスク時代にホッとして     一志

→目の付け所がいい。被疑者保護にはいい時代。川柳的面白さ

・官庁の庭にはびこるピンハネ草     笑い茸
→深く根を張って抜けません。除草剤はない?ピンハネ草がいかにもありそうで面白い。

 

3点句(1)

・基準超えれば基準をなくす       なずな
→今の方が発病者多く、爆発的と言えるのに、ご都合主義の国政だから。

→以前から言われていることで新規性はまったくないが、七七での端的な表現を評価。

2点句(6)

・カネ撒いた罪隠すためカネを撒く     斗周

→悪党政治家の真実を突く。「カネを撒く」をうまく使っている。

・定年が伸びて寿命は縮んでく    やんちゃん

→定年を伸ばして働かせ、残り時間が短くなっている。

・政策は要らぬ テレビに出ればよい    斗周
→都知事選の総括がこれとは情けないけれど。1字空ける必要はないのでは?

・コロナ死ス前に保健師過労死す      八金

→直接的だが、現実のひどさ。心配だ。庶民のフツーの気持ち。

・上流は罪問われない民主国        里見羊

→賭博、強姦、偽証、なんでもありの上流民。それが民主国の実態。

・当確時わが一票は箱の中         蘭綺麗
→一票の重さというけれど、開票される前に決まってしまう悲しさ。

表現がおもしろい。

 

1点句(8)

・純白なマスクが嫌う二枚舌        木根川八郎
→純白で正義を想起させ二枚舌で安倍の言動を刺している

・圧勝の女帝コロナが振り回し       八金

→圧勝したもののコロナに振り回されている。

・無力でも非力でもない座り込み      すなふきん
→きょう日の気分を素直に表現。よく使われている言葉。新鮮味に欠ける。

・ミサイルも辺野古も嘘が剥がれ落ち    奥徒

秋田、山口、そして沖縄のこと。今日性。

・広島のトイレの列は皆議員        J・ポンド

→収賄罪に問われないのか?司法取引?

・香港の平和を縛る紅い旗         かずさ紀柳

→「紅い旗」が強く迫る。

・駐留が七十五年エンドレス        木根川八郎

→敗戦75年。被爆75年なのに、世の中何も触れていない。安保の見直しをするべき。

・ゆでガエル200超えにも驚かず     なずな

→現状を「ゆでガエル」の譬えに託して表現している。

 

乱鬼龍選

圧勝の女帝コロナが振り回し       八金

ミサイルも辺野古も嘘が剥がれ落ち    奥徒

ゆでガエル200超えにも驚かず     なずな

 

選外句

お笑いの芸顔負けのアベ政治

原発避難法が切り裂く明日の道

無検査で熱が出るまで働かせ

戦闘機売り込むための敵つくり

コロナより怖い病気が忘れられ

国民は自己責任で死ねという

しくじった盾の代わりに欲しい矛

共に生きるために距離空け連帯す

責任は通貫します忘れます

アラートはどこ吹く風と止んだまま

リスク付きなぜに繰り出す夜の街

スーパーに並ぶトレーの果てもなし

天気より気になる老後二千万

一度でも疑念が晴れる夢の安倍

自民党民主の仮面あべ棄てる

内ゲバはののしりあいで今もなお

巷ではアベノマスクを見かけない

暴れ川無残人呑み家を呑み

コロナから見えた終りと始まりと

美しい国の醜いアヒルたち

民意無視 無理無駄無謀辺野古基地

言い訳も嘘も上手な安部総理

小さくてありがたかったマスクブラ

金かけて造るは沈む辺野古基地

暴れ川暴れる訳を知れ政治

マイナンバーマスクに負けた普及率

頼るのはソーリの判断決断か