4月句会報告

 4月30日、レイバーネット川柳班の月例句会がありました。
 今回はいつものエポック10を飛び出して、班員のやせ蛙さんが住む高島平での出張句会になりました。
 会場のコミュニティ-スペースで、ビールと多国籍料理を堪能しました。やせ蛙さん、準備ありがとうございました。

 以下、報告です。
 当日の参加者は、8名+2名(事前選句)。一人各題3句を選びました。


<兼題=非正規> 投句数38
4点句:3句
ラーメンに餃子がつかぬ時間給         団扇
  低賃金の恨みを切なく/給料の安さを具象でとらえた/切実/時給の人は餃子むり

今日もまた切られた首を持ち帰り        笑い茸
  「切られた首」がいい/川柳らしい表現

使い捨てカイロも凍る派遣切り         奥徒
  「カイロも凍る」が効いている/うまい表現、発見がある

3点句:1句
名ばかりの店長ひとりだけ正規         団扇
  このとおり/語呂がいい/一人だけの正規も名ばかり

2点句:3句
制服の裏地に差別縫い込まれ          斗周
  裏側に差別、見えないところがみそ/制服に差があるのか?

実習とだまし奴隷の密輸入           奥徒
  的確/政府のやろうとしていることズバリ/語呂がいい/「奴隷」はきつすぎる

先々の奴隷になれと派遣元           奥徒
  派遣元ズバリ/古川柳「先々の時計となれや小商人(こあきんど)」の本歌取り

1点句:10句
将来の夢正社員と作文に            しゃねる
  雇用破壊の暗い現実、今回の一番/語呂が悪い/「作文に」が不安定

非正規で子供産めずに国滅ぶ          働きアリ
  現実/そうですか川柳

職場には深くて暗い溝がある          斗周
  「黒の舟歌」の本歌取り

非正規が主力の国の貧しさよ          越前クラゲ
  当たり前だが、国が見えてくる

限定という名の差別ひとつ増え         なずな
  差別だらけの職場の実態を巧く詠んだ

江戸の世の身分制度に逆戻り          なずな
  このままいくと差別が固定化される

職業欄いっそまとめて非正規に         しゃねる
  「いっそまとめて」がおもしろい、非正規だらけの現実をうまく表現

オレなんざ生まれも育ちも非正規さ       やせ蛙
  啖呵調がいい

ふろ・飯・寝る妻の帰宅の疲れ方        ぶちの駄馬
  夫が非正規、妻が正規で疲れはてる

非正規を恥じるな鎖なきほこれ         やせ蛙
  共感

―乱鬼龍選―
実習とだまし奴隷の密輸入           奥徒
オレなんざ生まれも育ちも非正規さ       やせ蛙
使い捨てカイロも凍る派遣切り         奥徒

―選外―
民主風奴隷国家に黒い花
最高の学府支える非正規群
非正規を3つ掛け持ち健保なし
見えぬ差別 客はしらずに舌鼓
家計簿をバックアップのポスティング
アメリカの非正規軍が蹴散らかす
非正規の真っ只中を疲れきり
非正規が増えて支配者高笑い
非正規のやがての果ての無縁墓
非正規のストで吹きとぶウツ日本
失うものないと決起の売店員
非正規が普通と呼ばれる日が来そう
非正規が壊れ日本また壊れ
親年金子ども非正規孫バイト
パンとバラ求め非正規ストの朝
非正規にずしりと重い消費税
書き入れぬ職歴スキルない正規
大学は出たけれど非正規のまま
派遣にも学資ローンのヒモは付き
パートにもボーナスあった三日分
我々も長くて四年ええじゃない


<自由吟> 投句数38句
4点句:2句
仲裁は地球の外に頼みたい           しゃねる
  むき出しの国家エゴ、川柳らしい/利害関係ないのは地球の外だけ/新自由主義

七重八重負担ばかりが咲き乱れ         奥徒
  リズム感がみごと/たくみな句/首相の句のパロディー

3点句:2句
歌わない奴が歌えと命令し           一志
  石原元知事のこと/おもしろい

雇い主飼い主ほどの情もなし          奥徒
  ユーモアの中に冷酷さ/対比の巧さ

2点句:4句
あらためて利権権利の逆と知る         斗周
  うまいところに気づく/「あらためて」が巧い

お友達だけで憲法いじりだす          働きアリ
  今の状態/表現が新しい

君が代を監視する奴歌わない          働きアリ
  おもしろい/なるほど

支持率を聞いて世論が首かしげ         笑い茸
  世論の擬人化がたくみ/世論誘導の一種

1点句:7句
サービスはお客に向けてやってくれ       斗周
  サービス残業のことか

船長の操舵が怖い日本丸            斗周
  みんなの関心のまと

新聞は声の欄だけ読んで捨て          働きアリ
  読むべき記事がない/広告ばかり

避難指示原子力ムラ解除され          笑い茸
  ひたすら恐怖

黒板消し命一つを消している          ぶちの駄馬
  こわい/意味不明

虫になり鬼にもなれる乱鬼龍          団扇
  乱さんの句だと思って

可視化して見れば司法は腐りきる        乱鬼龍
  「可視化」を巧く使っている

―乱鬼龍選―
お友達だけで憲法いじりだす          働きアリ
七重八重負担ばかりが咲き乱れ         奥徒
雇い主飼い主ほどの情もなし          奥徒
     
―選外―
古河はジェフ市原のスポンサー
この怒りに政治を正す力見る
標準語長州弁が起源なり
渡辺氏熊手で疑惑掻き寄せる
日本丸行き着く先はセウォル号
新聞の読者の声にハッとする
悶々と喉の安心這い上がり
千年の枝垂れ桜の吸いし恨
千日も土台晒して主を待つ
空き巣百回無職だろうかプロだろう
できもせぬ除染に国費ダダ漏れる
スタップにステップ踏んだ報道誌
軍隊も国民捨ててすぐ逃げた
散るときを知ってる桜知らぬオレ
職求むゴースト言い訳分得意
断捨離も解雇特区でやり放題
見渡せばジジババばかり護憲デモ
日本の劣化亡びるまでつづく
老いぼれを介護するのもジジババア
民衆の一滴集まり大河たれ
女医の顔見つめたりせぬ歯科の椅子
ボブ歌う時間を返せと袴田にも
判決のほこりを払い捻じ曲げる


(報告:なずな)