9月句会報告

 今回の投句者は大変多く、新人3名を加えて15名で、兼題、自由吟、各43句の賑やかさでした。
 句会の参加者は、5名+5名(事前選句)。一人各題3句を選びました。
 兼題、自由吟、共に4点句、3点句それぞれ1句ずつあり、6句投句中、5句までが選ばれた方もいました。やはり、コンスタントに作句していくことは、大事だと思いました。

<兼題=波> 投句数43句

☆4点句:1句
■ 波間からのぞくジュゴンの目に涙         なずな
 ・絵が目に浮かぶ。沖縄に連帯している。そんな句をたくさん作りたい。
  「目に涙」がいい。芭蕉の「行く春や鳥啼き魚の目は泪」を思い出す。
  ジュゴンの気持ちになっている。
  一方で、ちょっとステレオタイプではないか、センチメンタリズムの感も、などの評もあった。

☆3点句:1句
■ 日本人得意種目は波まかせ            一志
 ・服の流行から政治への興味の持ち方まで、日本人の特徴をよく捉えている。
下五で落とす脱力系のおもしろさ。

☆2点句:7句
■ 波にのり政権取ったがじき座礁          しゃねる
 ・自民党のこと。安倍の寿命も、はかないものですね。

■ 人の波消えているかも未来都市          哲治
 ・少子化対策の失敗。労働者に対する扱いが悪くて、首都圏からいなくなる。
  福島の健康対策の失敗も思われる。
  「かも」という言葉が適当かの疑問も出された。推敲が必要と。

■ 官邸前寄せては返す金曜日            芒野
 ・「人の波」という言葉を使わずに、生き生きと状況を描写。
  一方で、「寄せては返す」は、言い古されている。「金曜日」で十分わかるので、工夫をという意見も。

■ 官邸へ怒怒怒怒怒怒と人の波           笑い茸
 ・意表を衝くリズムがいい。「怒」という文字を重ねるおもしろさ。

■ 軽口の政治に怒る心電図             笑い茸
 ・「怒り」を直接言わずに、心電図に託したうまさ。

■ 防波堤波より人を寄せ付けず           斗周
 ・復興事業への巨額投入と生活者の感覚のづれ。ズバリ、誰のための、何のための巨大建造物か。

■ 荒波や地割れ横たう再稼働            奥徒
 ・「横たう」が効いている。
  「荒海や佐渡に横たふ天の川」の本歌どりだけど…。

☆1点句:8句
■ 今はまだ波打ち寄せる珊瑚礁           しゃねる
 ・辺野古はこのままではやられてしまう感じが、「まだ」で表している。

■ 右からの風が四方に波を立て           奥徒
 ・小役人の埼玉の俳句一件や、一連の行動を言う。「波を立て」が弱い。鋭い言い方を。

■ 反動の波状攻撃息つけぬ             やせ蛙
 ・昨年12月の特定秘密保護法強行裁決から現在の辺野古の矯正調査まで、息の付けない動きを良く表している。

■ フクシマの心の波は砕け散る           乱鬼龍
 ・目に浮かぶ。「心の波」がいい。

■ 国を変え歴史を変える波が来る          ぶちの駄馬
 ・それなりのいい句。

■ 東電に賠償津波押し寄せる            乱鬼龍
・今の局面は、みんなの関心が東電に向かっている。

■ 分かれ道波に乗るひと乗らぬひと         わかち愛
 ・ありきたりだが、それなりにまとまっている。右傾化の波に乗れる人、乗らない人を指す。

■ さざ波に蟻の行く道変えられる          ぶちの駄馬
 ・今吹いている風はさざなみでもないし……。

■ 波に乗り辺野古を守るカヤック隊         芒野
 ・情景を表している。「そうですか川柳」で面白くないけど、素直。

☆乱鬼龍選
■ 国を変え歴史を変える波が来る          ぶちの駄馬
■ 人の波消えているかも未来都市          哲治
■ 官邸前寄せては返す金曜日            芒野

その他の句
□ 反動の大波明日は大津波
□ 波瀾万丈いいか悪いか我が人生
□ 波は高いな大きいな 行かせたくない
□ 山津波家屋押しつぶす行き場なし
□ いずれ来る汚染水タンクをぶっちゃける津波
□ 大波と気づかず最後は辞任劇
□ 大波のごとくファシズムおしよせる
□ 保安庁 本性波間に見え隠れ
□ 今が秋戦争阻止する波起こせ
□ 波状スト打って掴んだ権利どこ
□ 脱原発さざ波がいま大波に
□ 椰子の実も波に揉まれて浜ゴール
□ みなめざめなみのりぶねのおと辺野古
□ フジヤマの波間絵葉書フクイチに
□ 増税が大波になり生襲う
□ 波間から辺野古見つめるジュゴンたち
□ 防波堤海は広いの?大きいの?
□ 波風もコップの中の自民党
□ 株高矢波動砲への変態論
□ 金曜日官邸前の波高し
□ 国会に九条守れの波起これ
□ 人波で官邸見えぬ金曜日
□ 津波乗りジョニーHが活躍す
□ 景況の波繰り返す資本主義
□ 大波に国の歴史も変化する

<自由吟> 投句数39句

☆4点句:1句
■ ボケてなきゃ生きていけない老夫婦       やせ蛙
 ・とぼけているけど弱者に対する政策の痛烈な批判。福祉切り捨てをズバリ。共感を呼ぶ。川柳的。

☆3点句:1句
■ 人命はゴルフボールといい勝負         奥徒
 ・広島の土砂災害の時の安倍と茂木のこと今の政権の本質的な立ち位置を皮肉っている。

☆2点句4句
■ 米国のために国民差し出され          草地
 ・アメリカのために国民を差し出すという視点の表現がいい。国民そのものを貢物にする。

■ 平和への祈念コピペで舌を出し         奥徒
 ・広島・長崎の原爆の平和式典での挨拶だが、うまく擬人化して、本質を捉えている。

■ 汚染水ゴジラに呑ます案も出て         一志
 ・奇抜な発想。ゴジラ映画の後の方では、エネルギーを核から得るようになり、原発を襲う。そこからの発想。

■ じっちゃんを助けた米に恩返し         越前クラゲ
 ・安保闘争時の学生たちの声が、安倍のトラウマになっている。今こそ、その時の恩を返していると読む。

☆1点句:15句
■ 災害は激甚安倍の暴風雨            奥徒
 ・安倍の乱暴なやり方と、広島の暴風雨被害をいう。

■ 片田舎少子化になる嫁不足           ぶちの駄馬
 ・少子高齢化を心配しているのがわかる。説明的で少し弱い。

■ ムツゴロウ殺してたらずジュゴンまで      哲治
 ・諫早の干拓事業で、ムツゴロウを殺し、さらにジュゴンまでかという怒りを素直に表している。弱いけど……。

■ 放射能ホロコーストの臭いする         乱鬼龍
 ・ガザもあるし……。

■ ジャパンアズナンバーワンはコピペ術      一志
 ・原爆犠牲者追悼と平和を願う大事な式典にコピペはないだろう。それで、日本は1番?と笑い飛ばしている。

■ 五輪ではキスのうまさも加点され        斗周
 ・五輪なんて、こんなものと笑い飛ばす川柳。

■ 見解の相違で逃げる冷淡さ           なずな
 ・責任逃れ。誰も責任取らず。

■ 国益のためと国民縛る国            草地
 ・そのまんまだけど、狙いは鋭い。

■ 民間の後ろに隠れる海保庁           草地
 ・もう少しひねって言うといいが、沖縄で、地元警備会社社員を前面に立てる姑息さを突いている。

■ 徘徊の諭吉に住所氏名付け           笑い茸
 ・徘徊の諭吉は、我にはとどまらないと、おかしみ。諭吉の徘徊は心配しても、自分(選者)の徘徊は、誰も心配してくれない。

■ 概数でくくられ眠る戦没者           しゃねる
 ・概算という、個人が消される戦争を言い得ている。

■ 福一の代わりに氷かぶってる          芒野
 ・難病者の募金活動に使われた氷水かぶりを、原発の凍土壁にかけている。福一はカタカナ表記がいい。

■ 再稼働見ザル聞かザル規制ザル         笑い茸
 ・無責任、無能な規制委員会を鋭く批判。

■ 屋根のない牢獄に降る鉄の雨          なずな
 ・ガザの現状を「屋根のない」と「鉄の雨」の比喩がうまい。

■ 一億に決意を迫る時代充つ           乱鬼龍
 ・そういう時代を鋭く指摘。「充つ」をほかの言葉にしたほうがよりいいかも。

☆乱鬼龍選
■ 米国のために国民差し出され          草地
■ 人命はゴルフボールといい勝負         奥徒
■ ボケてなきゃ生きていけない老夫婦       やせ蛙

その他の句
□ ボケびんぼ ひとりぼっちの惨美連
□ DNA検査アベノミクスは戦巣癌
□ 私は試験妨害されました
□ 訃報だけ届く電脳壊したい
□ 詐欺被害財産自慢の裏返し
□ 脆弱と命無視してよく言える
□ 中学生にマジで切れてるそのレベル
□ 歯並びは解釈喉仏はご丁寧
□ 制御したはずのフクシマ先見えず
□ 総裁が私人であるとはつゆ知らず
□ 改造は内閣でなく安倍でしょう
□ 職責をまっとうすると金目顔
□ 記録的暑さに賞金出ぬものか
□ じっちゃんの名に懸けている安倍総理
□ どこへ行く波乱万丈この組閣
□ パブコメに反対と打つ先無き身
□ 階段が一段増えて踏み外す
□ 政府こそ憲法違反国を討つ
□ 危険なので街中カメラ増えている
□ 積極的集団的自衛権の平和利用
□ 謝罪とは頭を下に向けること
□ 10%で財布のヒモが怒り出す

**************************
 今回も、前回、前々回に続いて新しい投句者が3名も加わりました。今後も続けての投句を期待しています。
 びっしり並んだ投句を、精読していくのも楽しみです。こちらの教養が不足して、意味のわからないものもあるのは、申し訳ないですが、句会を通して、また様々なことを知っていく楽しみもあります。
 まず作ってみましょう。
 第2回ワープア川柳募集では、レイバーネット川柳班のメンバーも投句しました。
 まず作ってみることから。また、初めて吐く方は、何はともあれ五七五の17音字を守ることが、上達への早道と聞きます。
 また来月の投句を楽しみにしております。新規の方も歓迎です。
 句会への参加も、よろしくお願いいたします。

(報告:白眞弓)